豊富な瓦の種類、CADデータを取り揃えた淡路瓦のホームページ。

神が創造したはじめての国、淡路島。
いきなりこんなことを言い出すと、驚かれるかもしれません。実はこれは「古事記」のなかの物語で、次のような内容が伝えられているのです。
『天の命を受けたいざなぎ、いざなみの男女の神は天の浮橋に降り立ち、まだなにもない海に向って矛を降り指しコオロコオロとかき回して引き上げると、矛の先から塩が滴り落ち、それが積もってオノコロ島ができた。いざなみ、いざなぎのの神はオノコロ島に下り、結ばれ、国土づくりをはじめた。失敗もあったが、最初の国淡路島が誕生し、四国、隠岐島、筑紫島と次々にできあがり、やがて大八島国(日本列島)が完成した』
なんだ最初にできたのはオノコロ島ではないか、と思われるかもしれません。しかしこの島は、二人の神が国生みのためにつくった仮の島、いわばビル建築のための現場宿舎のようなものだったのです。だから実在はしていないと言われています。
ですが面白いことに、淡路島とその周辺には、わが地こそオノコロ島、と伝える島や神社もたくさんあります。いずれにせよ、この国生み神話は、それだけ淡路島が早くからひらけ、発展していった歴史を物語るものであることは確かです。
実際、淡路島は先史時代からかなりひらけていた島のようで、縄文時代や弥生時代の遺跡があちらこちらで発掘されたりします。また、奈良時代の国分寺の塔跡や淳仁天皇陵などの遺跡や旧跡から、古代からの深い日本の歴史への関わりを知ることができます。

淡路の歴史